FC2ブログ
     

接ぎ木の様子など

懸案事項だったERの鉢の土替えが何とか終わりました。これで鉢はすべて土を入れ替えた・・・のかしら? まだなんか隅っこの方とかに残ってる気がするけど。後は誘引と石灰硫黄もう一回塗りたいのと地植えの寒肥。どれも早いとこやらなあかんやつやー。つるばら絶対減らそう。

18013102.jpg

ノヴァーリス。ずっとこのまま。庭にジョウビタキがいるのですが意外に用心深くてカメラを向けるとどこか行ってしまいます。去年来てたのは人懐っこくて寄ってきたくらいなのに。今年のほうがでかくて色鮮やかだけどびびりだ。

18013103.jpg

11月22日にした接ぎ木。芽がメデールテープを破って伸びてきました。でもまぁこれはくっついたわけじゃなく接ぎ穂の水分で伸びてる。今日も6本ついで衣装ケースにいれて和室に置いておいた。全部育ったら16本・・・ 接ぎ木をするのはなかなかおもしろいので好きやな。
スポンサーサイト



     

台木がいっぱい・・・

18012901.jpg

こんなにいらないんだが。

去年のみしょこたちを接ごうかと思ったのですが、みしょこたちはまだ串カツの串くらいの太さしかありませんので接げません。そんでみしょこはこのまま自根で育ててもうちょい太くなったら芽接ぎできたらいいなあと思ってノイバラを植えておこうかと思ったんですが、普通、芽接ぎ用のノイバラって1年生ですよね。この台木を鉢に植えておいたら2年生になっちゃうと思うんだけど、T芽接ぎするとして皮がはげるんでしょうか。不安・・・ ていうか、年数がたった軸?に接いで育つのかな?

18012902.jpg

おうちカラオケ。点数が出やすいカラオケだけど98点以上は出たことがないのであった。カラオケ屋に行きたい。この歌はmm~みたいな部分がよくわからない。原曲を聞いたことがないしー


     

初雪

18012701.jpg

ミセスドリーンパイクの鉢に積もった雪。寒いよ寒いよー。

光合成細菌を入れて外に置いてあった一升瓶が凍って割れてしまった。その点、キュービテナーやペットボトルのは平気みたい。中身は生きてるのだろうか。

雪って真っ白で清浄で静寂で嫌なことも汚いこともやりたくないけどやらなきゃダメなことも覆いかくして平安をもたらしてくれるよねー的なことを北国出身の知り合いに言ったら、溶けたらいろんなもんが出てくるよー 犬の●とか遭難した人とかwって言われたのを思い出した。こわすぐる。遭難した人はともかくとして犬の●は拾ってかえろう。何の話やw
     

じーさん

うちのじーさん(父親)が癌のうたがいらしく明日大きい病院に検査に行きます。

もう年も年なのでどういう治療になるかはわかりませんが、入院とかになると動ける人間が私しかいないのでちょっとブログ更新できなくなるかもです。
といいつつ、ブログの更新は毎日の楽しみなのでやりたいのですが、バラの話題は少なくなるかもです。病院の話とかかな。母親はいまだリハ入院中ですし。

私もまだバラの冬作業が残っているのでなんとか暖かくなる前に終わらせたいのですが・・・風がやんだらやろうっとw


     

接ぎ木の続き

18012201.jpg

大体真っすぐな台木が多かったんだけどひねくれてるのがひとりいた。

18012202.jpg

ひねくれてる部分を切っちゃってから切れ目をいれる~

18012203.jpg

台木みじかw

18012204.jpg

9本接ぎました~ これ全部育ったら昨日のと合わせて10本。10鉢増えるのよ。どないすんねん。更に今度は会の方の接ぎ木講習会があるからたぶんまたなんか増えるのよ。

18012205.jpg

支部長の真似をして衣装ケースに入れてみました。今玄関に置いてあるけど絶対邪魔にされる。寒波が去ったら駐車場に持っていこう。そっちでも邪魔にされるw

18012206.jpg

デブリン。なんか今回全部穂木がでかくて長い。

接ぎ木接ぎ木って騒がなくなったら、あー、落ちたんだなって思ってくだされ・・・
     

花開きました~

18012101.jpg

クイズでーす。品種は何でしょう? 切り花だよー

部屋の中で育てるメリットは消毒しなくても病気にならないし虫が付かないことですねー。でも場所がないから暖かくなったら外に行ってもらいます。ミニバラとかなら部屋で育ててもいいかもな~
     

自分で接ぎ木をしてみました。

18012102.jpg

台木の頭を落として切れ目をいれますよ~ 接ぎ木ナイフが見当たらなかったのでカッターでやった。手を切らないように~ この手袋は防刃手袋ってやつです。

18012103.jpg

穂木には芽を2個つけてみました。もうちょっと傷のない穂木のがよかったんだけどいいのがなかったー 形成層同士はぴったり合わせます。

18012104.jpg

にゅーーーーーめでーる

18012105.jpg

テープ長すぎたからいっぱい巻いたった。芽のとこだけは一重。接いでる部分は絶対動かないようにがっつり巻きどす。

18012106.jpg

ちびエヴリンは名札を装着した。

18012107.jpg

メデールで全面巻いてるからビニールいらない気もするけどまあかぶせてみた。もっといっぱい増えたらカニの箱かなんかにいれます。あ、カニの箱使っちゃったんだ。スーパー行ってなんかもらってこよう。
     

バラの接ぎ木講習会に行きました。

接ぎ木の講習会に参加しました。三重ばら会中勢支部の元支部長Hさんの会社の店舗での開催です♪

手を切りにくい安全な接ぎ木の仕方。(実技はKさん、台木提供はTさん、私はSさんw)

18012001.jpg

台木のクラウン部分を握って台木の軸部分にナイフを入れます。今回の台木は細めでしたが軸が長めですんなりしていて切りやすい感じでした。形成層をまっすぐに切り下ろしたいので軸が素直に伸びている台木が使いやすいです。台木が細いとそれ以上太い穂木は接げないので出来ればもうちょい太い方がいいなあと思うんですけどね。私が持ってった穂木は太すぎた。そういえば去年ワタクシは力入れすぎて台木をまっぷたつ!!にしてしまったのでそろっとゆっくりしてください。切り口の深さは3cmくらいですね。

18012002.jpg

ノイバラ台木のクラウン部分と最初の切り口の部分をハサミで切除します。

穂木の調整の写真がありませんが、穂木の形成層を露出させ台木の形成層に合わせます。同じような太さなら両方、穂木が細いようなら片方だけを合わせます。これの説明を言葉でいうのは無理だな。もっとちゃんとしたサイトを検索してちょw 形成層があってないと失敗します。

18012003.jpg

接ぎ木テープで巻いて出来上がり。後は肥料分のない土で植えて全体が乾燥しないように寒すぎないように(凍らないように)管理すれば出来上がり~ ビニールなどでカバーするのがよいのですが日がよく当たる寒暖差の激しい場所ではなく半日蔭程度の昼夜の温度差があまりない場所で。さらに乾燥は絶対ダメですけど水のやりすぎも注意。蒸散しないから鉢内はあんまり乾かないです。水やりすぎると根腐れします。 カバーしているビニールに水滴が付く間は水やりしなくていいそうです。しばらくして芽が伸びたら徐々に外気にならすといいみたい。衣装ケースとかでもいいらしい。

以上レポート終わりw

私はこの手を切らないように外に向けてナイフを入れるのがうまくできないので先にクラウン落としてやりますが、接ぎ木の要点は形成層を合わせることと乾燥させないことです。乾燥させないことは穂木の形成層を露出させたときにその部分を乾燥させるとやばいですー。穂木を調整しといてから口にくわえて台木を調整するといいらしいですけど穂木自体消毒されてると体によくないんで歯の先っちょだけでくわえるか良い子の皆は湿らしたキッチンペーパーなどの間にはさんどいてください。おすすめは台木を切っといてから穂木を調整しようw あ、ちなみに去年80%の接ぎ木が落ちた私の言うことなので信じるか信じないかは貴方次第w 国バラ見に行ってたら枯れてた・・・今年はなるべく落とさないぞ・・・ 私の接ぎ木レポートは

カミングスーン!!

はー、接ぎ木の精度を上げたいなあ。遊びに行くなってことでしょうかw
     

センティッドジュエルと土壌診断

18011803.jpg

スプレーバラ、センティッドジュエル。ダブルセンターの花みっけ~ 

18011802.jpg

紫が濃いタイプ。

18011801.jpg

白が多いタイプ。

購入した切りバラですがとても香りがよいです。バラの香りなんだけどちょっとツンとした青臭さも感じられて甘くはない感じ。昔は絞りはあんまり好きじゃないんだなーと思ってたけど絞りが好きになってきた。やばいw バラの絞りとかは犬のマール遺伝子みたいなのとは違うのかなー? 絞り×絞りでホモ化したり? 前に何の種かわからないけど種まいたときにクリーム色の双葉が生えて育たなかったけど、葉緑素が作れる部分があればいいのかなー。まーよくわかんないけどバラの花が咲かない季節は切りバラもいいなw

18011804.jpg

鉢バラ用に混ぜた培養土の土壌診断をしてもらいました。詳しいことは三重ばら会中勢支部の冬の講習会(1月28日)にて~なのですが、A判定うれしい。

土壌診断は科学的判定であって物理的なものとはまた違うようなのですが、三相構造なんかも調べてみたいなぁ。私の診断でカリが過剰なのは馬糞堆肥のせいらしい。もうちょっと石灰分を足したいですね。リン酸は自然に足してるので。私の場合これはベースの培養土でこの後肥培していく感じです。カリの過剰が予想外でびっくりした。ぜいたく肥なので問題ないそうですが。木を丈夫にしたいと思ってカリを意識して今まで施肥してたのに培養土の段階でそれか!みたいなw そりゃ窒素もリンも効かんわ。CECは割といいのにね。

三重ばら会中勢支部の冬の講習会では市販の有名培養土や私以外の会員さんの診断結果も発表する予定です。ご興味のある方は見に来てくださいまし。
     

室内バラの蕾が開きかけ

18011601.jpg

もう少し開いたら切ります。初めての花。緑っぽい黄色の蕾。これから色が変わるのかなー?

18011602.jpg


室内で無風だとかそういうのが影響しているのか葉っぱがうねうねしてます。水が切れてるとかではなくこの形なんですねぇ。横からしか日が当たらないから(窓辺に置いてある)光合成するために葉っぱが窓の方むいている気がする。今日は逆向きにおいてみよう←いぢわるw

プロフィール

うめこ

Author:うめこ
おばさんがバラを育てます。バラ栽培暦4年w
ツイッターはじめました。

クリックお願いしますw

三重ばら会 中勢支部のブログ

三重ばら会中勢支部のブログhttp://miebarakaicyusei.blog.fc2.com/

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧


Apple Roses Blog

Kako's Roses

バラって素敵~!ヽ(*´∀`)ノ 

芝生とバラの庭(ブログ版)

VARIOUS H・L

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR